AI(人工知能)を業務に活用したいと思っている方は多いと思います。
これから否応なく、人手不足時代を迎えるだけでなく、これまで以上に厳しい経営環境で生き残っていくためには、AIを活用していくことは、選択肢の一つとして用意せざるを得ないからです。
しかしながら、AIの活用は、そう簡単ではないと考えられています。

その理由として以下の大きく以下の4つがあげられます。
①AIを活用するためのデータ整理を行うデータサイエンティストがいない。
②AIを活用するためにどういうデータを用意すればよいかわからないし、システムからデータを切り出すのは大変である。
③AIのアルゴリズムについて知見も無いし、使いこなすには大変そう。
④外部に頼むと、莫大なコストがかかりそう。

確かにその通りかもしれません。
でも、だからといって、AIは採用しないと決めてかかってよいのでしょうか?
競合他社、あるいはグローバルには、様々な業務プロセスにAIを活用し、迅速にビジネスを進めていくことが、当たり前の時代になると予想されています。
弊社では、この問題に対処すべく、データ統合プラットフォーム「Attack Board」の上に、技術的なバックボーンが無くてもAIを活用できるソリューションを開発しました。
それが「Attack Board for DS(Data Stats)」です。
この「Attack Board for DS」は、ワンストップでAIを活用できます。

データ収集蓄積特徴量データの自動抽出AIアルゴリズムによる解析結果のレポート

といったプロセスをAIや統計学に関する特別な知識が無くても、実現できるのです。
数千万円から億単位のお金をかけたシステムやコンサルティングより、はるかにローコストで同じパフォーマンス以上のことができるかもしれません。
是非、ご検討ください。